スーパーポローニア;SHIグループ主力商品 について




はじめに


近年、地球温暖化の問題は世界中の課題として取り扱われています。
大気中にCO2をこれ以上出さない様に削減対策にあたり、省エネ対策はよく各国でも行われていますが、大気中に出されてしまったCO2を吸収すると言う考え方はほとんどありません。
そこで、私達は地球古来からの自然の摂理である植物のCO2吸収の機能に着目を致しました。

スーパーポローニア


私達が着目した植物というのはポローニアという樹種の早成種です。
当社はこれをスーパーポローニアと命名しました。

スーパーポローニアは、成長が早く大量のCO2を吸収し、吸収量が最大になった成木の段階(4~6年)で一旦伐採する事により、伐採した切り株から再び新たな芽を出し、再び成木へと成長します。すなわち、スーパーポローニアは、吸収量が多い成長期プロセスを4年~6年サイクルで何回か繰り返す事により、他の植物と比べ何倍もCO2の吸収が出来ます。
また、伐採されたスーパーポローニアの成木は木材としての利用価値があり経済効果も望めます。
スーパーポローニアは、環境と経済は同時に望めないと言う今までの常識を変える植物として注目されています。

ポローニアを植林し、10年くらいで材木として販売しているところは世界に何ヶ所かはありますが、さらにその成長を早め、環境面を最優先した植林を実践しているのは世界の中で当社だけです。
次ページより、スーパーポローニアについての詳しいご説明をさせていただきます。





page top